2011年1月

2011.01.31(Mon)

公聴会練習、第2回しゅうりょうー。

あたしは前回いただいた指摘どおり、イントロを簡単にして、データを足しただけ。
可も不可もない、フツーの正統進化です。
よって大どんでんなツッコミとかもなく、
「ふーん」
みたいなテンションで終了。

そうそう、ついでに一昨日の日想で気にしてた、
「公聴会で、論文本体に載せてないデータ出してもいいもんかね」
ってのを教授に聞いてみたんですが。
少なくともウチの先生としては、ぜんぜん問題なしという認識らしい。

曰く、たしかに提出済みの論文を切り貼りしただけのスライドつかう人も多いけど。
聞いてるほうからすると、
「もっと分かりやすくせんかい」
って思うことが多々あるそうな。

どちらかというと、できるだけストーリーが伝わりやすいプレゼンにするのが吉だそうで。
そのためなら、別に論文に載せてないデータだろうが構わないんじゃね?とのこと。
「だったら最初から、その分かりやすいデータを論文に載せんかい」
っていうツッコミはありえるけど…
だからといってよいデータをお蔵入りさせとくのはもったいないと。

ということで、今回あたくしは、論文提出時にはなかった最新のデータ盛りだくさんのプレゼンでいくことに。
実際、いいデータだと思うんで。

■卒論公聴会練習■

で、今日のゼミは、われわれ修士の公聴会練習のほかに、学部生の卒論公聴会の練習もやったのですが。
4人中2人の学部生のプレゼンが、ひどすぎてワロタ。
30余枚のスライドが、10分でさばけるワケねぇだろ。

あたし事前に、みなさんにメールで
「公聴会で全データ出そうとすると絶対破綻するから、主要な結果だけにしぼれ」
ってお伝えしときましたよね?

あの発表からは、聴衆に何かを伝えようっていう意図は微塵も感じられないですよ。
あんたがた、そのレベルの情報伝達能力のまま就職とかするのかね。
大学生のあいだに、学ぶこと間違えたんじゃね?
ド低[自主規制]もが。
(↑思わず規制ズレ)


2011.01.30(Sun)

あれ、なんか忙しい。
なんでだ?


2011.01.29(Sat)

Decisionそのもの、ねぇ。
それを明確に示せれば、苦労はないワケですが。
うーん、どうやってそれらしくしようか…

てか、こうやっていま、ストーリーを練ってるわけですが。
そもそも公聴会の発表って、提出した論文に書いてないこといってもよいのだろうか。
Defenseの意義って、審査教官との質疑応答なわけでしょ?
ストーリー変えたり、新しいデータを出したりしたら、論文の趣旨にあわせて用意していただいた質問を台無しにしないか?



関係ないけど、こないだふらりと書籍部で買ってきた『日経ソフトウェア 3月号』がなかなか面白い。
とくに短期集中連載の、Webデザインの記事とか、jQueryつかったJavaScriptコーディングの記事が。
付録の「C/C++で学ぶ基本テク100」も、他の言語での開発でも応用可能な、良いこと書いてるし。


2011.01.28(Fri)

はぁ~、なんとかまにあったー。
本日10時からの公聴会発表練習、とりあえずスライドは間に合わせました。
前日の晩に、よく分からない生命体などを描いたりしつつも。



しかし、はなす内容を考えてるヒマはなかったので、しゃべりのほうは超適当。
みなさんすみません。
本番までにはちゃんとかためます。

あと、ホラ吹き技能(読み:すとーりーてりんぐ)が未熟だったので、はなしの流れも考え直さなきゃならん。
たしかにこのへんのストーリー構成は、いまのうちから細かく考えておきたいところ。
どうせおいおい、色んなところで発表とかするうえで重要になるんで。
件のフランス島流しの際の、シンポトークとかね。

そうそう、今回のスライドは、ついにPoorPointを卒業して、beamerクラスでつくってます。
図の配置とか、まだ慣れなくてたいへんな部分もあるけど。
このへんのやりくりは、結局つかってるうちに自分なりのやり方みつけていくもんなんで。
ともかく、機会があればじゃんじゃんLaTeXでのPDFプレゼンをやっていきたいと思います。


2011.01.27(Thu)

じりじりと、締め切りの近付いてきた面倒事どもを片付け中。
今日は、下宿の更新手数料の振り込みと、事務への学振関係の書類提出と…

しかし、明日第1回発表練習なのに、ぜんぜん準備が終わってねぇ。
差し替え終了後、実験ができる喜びに、ついついどっぷり浸ってしまったからな。
嗚呼、旅に出たい。
(国内限定、ペット可ホテルのみ)


2011.01.26(Wed)

このあいだ、ここ数年連絡をとってなかった、高校時代の先生に手紙を出しまして。

いえ、じつは毎年、あちら様から年賀状はいただいてたのですが。
あたしが年末年始に実家に帰ってないために、いつもお返事できず。

そもそもあたし、郵政局の歳末売上倍増戦略に係る郵便物は出さないポリシーをとってるもので。
# 会社勤めとかのひとなんかは、そうもいってらんないでしょうが。
# 社会人とは一線を(悪いほうに)画した存在である院生には、新年の祝賀など許されていないのです。
さすがに数年前は、来た年賀状にはお返事することにしてたのですが。
近年は年末年始も実家に帰れず、年賀状発送数ゼロキャンペーンを目下展開中でした。

そういうわけで、ここ数年、先生から年賀状はいただいても返信できないという不義理なことをしておったのですが。
さすがに申し訳ないので、今年はやっと返信。
といっても、年賀状の時期はヨユーで逃したため、普通郵便という体たらく。
(なにをおっしゃっているのですか、ポリシーですよ、ポリシー)

で、その郵便がソビエト連邦の脅威におびえる某北の大地に届いたらしく。
さきほど電信にて、早くもお返事をいただきました。
あいかわらず絶好調のご様子で、たいへん安心しました(笑)



しかし、それはそうと。
いただいたメールに、どうもあたしの高校時代の旧同級らしい人名が出てくるんですが。
まったく思い出せないのは、どうしたもんかね。
たぶんひとりは、同じ部活だった人じゃないかと思うんだが…

調べようにも、手立てがまったくないし。
卒アルとかも、もってない。
# 重かったんで、卒業式後に寮のゴミ箱に捨ててきた。
同窓会的なものにも、いっさい関与してないんで。
# 大学入学後に電話かかってきたんで、テキトーにあしらったのちに着信拒否にした。

ま、調べる気もないんだけどね。
いまの自分とは関係ないんで。

思えば小・中・高・大と、一貫して、卒業後はいっさいその集団とは関わらずに生きてきましたよ。
薄情?
過去にとらわれないといって欲しいな。


2011.01.25(Tue)

え、Matlabの自作関数名って、functionで定義した名前じゃなくて、mファイルの名前になるの?
キモ。


2011.01.24(Mon)

差し替え版、提出してきましたー。
これで自由だー。

…とは問屋がおろさず、今度は公聴会の準備です。
第1回発表練習は28日の金曜日。
第2回が31日の月曜。
で、本番が2月2日と。

もう疲れたでゲソ。



そういえば、原稿を生協に簡易製本しにいったとき、副査の先生にばったりお会いしまして。
差し替え版原稿をすげーフランクに受け取られそうになるっていう(笑)
「あ、先生!!!ちょうどこれから、差し替え版をご提出に伺おうかと…」
「あぁ、じゃあいまもらいます」

まあいちおう、まだ表紙シールとか貼ってなかったんで、その場で渡しはしませんでしたが。
そんなテキトーでいいのか。

しかもそのやりとりがあったせいで、直後にあらためて渡しにいったときも、
「予告通り、差し替え版をご提出にあがりました。」
という奇妙なやりとりが。
怪盗なにントテールだよ。


2011.01.23(Sun)

うっしゃー!!
改訂稿作成しゅうりょー!!!

本日も、危急性のない作業に怠業しつつ、なかなか修論の改定ができずにいたのですが。
いつまでも放ったらかしておくわけにいかんので、昼ぐらいから本格的に手をつけまして。
午前2時すぎまでかかって、改訂終了しました。

まー、終わってみるとたいした作業量ではなかったな。
やってる途中にも、べつの作業入り込んだりしてたので。
実質、5~6時間ぐらい?

しかし文章の直しの作業って、精神的な疲労がでかいんでね。
「貴様の文章はここがおかしい。」
っていう批判の羅列をみなければならんから。
どうしても、すぐには手が付けられなかったのですよ。

完成した改訂版は、もうすでに印刷してきちゃったので。
これ以上、直すの直さないのでウダウダする必要はなし。
明日(てかもう今日か)にでも簡易製本して、提出しちゃえばよろしかろう。


2011.01.22(Sat)

修論、月曜日には差し替えをしちゃいたいと思ってるんですが。
まったくヤル気が起きん。

図はボチボチつくりなおしたんですが。
問題は本文の直しのほうですね…
提出前に見直しに10時間とかかけちゃった反動で、まったく本文を読み返す気が起きないのです。

もう解放されたい。
解放されたいでゲソ。


2011.01.21(Fri)

プレゼン資料の色使いなんかに関して、ちと質問を受けまして。
面白そうだったので、自分がこれまでつかったスライドの一覧などをつくってみました。

【情報部】を更新
しかし、ちまちまとつくってたら、なんだかんだで今日一日かかってしまいましたよ。
しかもまだ、完成はしてないという。

やっぱ、ある程度の内容あるコンテンツをつくろうとしたら、「日」単位でかかるんだなぁ。
毎日登校・毎日実験の身では、サイトの内容拡充は無理ってことか…
まあ毎日登校はいいとしても、週1日は、今日みたいな「休日相当」な作業をする日をつくりたいなー。
はやくこのサイトを一人前にしたいです。


2011.01.20(Thu)

なんか、M1が実験解析のプログラムを書きたいとかいいはじめまして。
しかも終わってることに、Matlab。
まあ、本研究室のデフォルト解析言語はMatlabだし。
あたしもとくに止めなかったんで、しょうがないけど。
# 他人にRをお勧めしてると、「布教」とかいって某先輩にバカにされるんで。
# 愚かな皆さまが勝手にMatlabみたいな中二病言語にいっちゃうのは、黙って見捨てることにしてます。

しかし、なぜかそのコーディングに、あたしが付き合わされるハメに。
なんで、本研究室において唯ひとり、あんなクソ言語を捨てたクリーンな存在であるあたしが?
あたしに聞くなら、最初からRにしとけや。



まーでも、Rプログラミングしか能がないと思われるのも癪なんで。
今日はひさびさにMatlabなどいじっておりました。

いやー、こうやって久しぶりにさわってみると、ますます不自由な言語だよね、Matlabって。
とくに、実験データを解析しようって段においては。
Rだったらbuilt-inだけでスイスイできる程度のことに、なんでこんな手間かかるのかね。

たとえば、今日は
「指定ディレクトリ以下に入ってる特定の命名規則のファイルを再帰的に探索して一覧」
ってのがしたかったのですが…。
例として、(今日の実際の例ですが)ファイル名が"X + MかL + 数字6桁 + .dat"だったとしましょうか。
探索対象のディレクトリは"C:/xxx"とします。

この程度、Rだったらlist.files("C:/xxx", "X[ML][0-9]{6}\\.dat$", recursive=TRUE)だけでできちゃいます。
では、これにあたるMatlabの関数って、あるのでしょうか?
ヘルプみた限りでは、dirには引数ないよね。
だからこれだけでは、ディレクトリの再帰探索はできないっぽい。

調べるだけで延々かけるのもバカっぽいので、今日は結局、自前でつくりました。
別にたいへんなコーディングってわけでもないけど…
初心者にはちとむずいわな。
でも、ファイルを一覧して一括処理するって、データ解析の基本でしょ?
こんな基本の機能もパッと出てこないって時点で、解析環境としては貧弱過ぎるのよね。
お節介なGUIなんかごちゃごちゃつけてないで、基本関数の機能を向上させればいいのに。

まぁなんにせよ、今日はひさしぶりにドブ川の水を飲んだ気分ですよ。
こんなクズ言語を暴利で販売してるクソベンダが、はやくこの世から消え去ることを願います。


2011.01.19(Wed)

「赤ペン先生」された修論、返ってきたよー\(^O^)/
こうして ぼくたちの なつは おわった

いや、実際にはありがたいことなんですけどね。
細かいところまで、時間をかけてチェックしていただけるということは。
しかしまあ、直しの作業が面倒なのも事実なわけで。



全然カンケーないけど、今日知ったRの小技について、メモ。
とりあえず、さしあたってはまったく使う必要にかられなさそうですが。

プロット内の複数の点にそれぞれラベルを打つとき、ラベルが重なっちゃう場合がある。
そういうときは、maptoolsパッケージのpointLabelを使う。

library(maptools)
x <- rnorm(length(LETTERS))
y <- rnorm(length(LETTERS))
plot(x, y, pch="+", col="red")
pointLabel(x, y, labels=LETTERS)



件の、学部心理学実験レポートの添削バイトについて、
「この添削のひと、細か過ぎです」
といってきた学生がいたそうな。

そりゃあね、貴君みたいな青二才に
「この添削のヤツ、ザルだわ」
って言われないよう、細かくみてますからね。
ざけたこといってないで、せめて主語述語の対応ぐらいついた文章書けや?


2011.01.18(Tue)

20日必着で、学振に送らなければならない書類がありまして。
昨日の午前中に、速達の書留で発送しておいたのですが。
書留郵便の所在を調べられる
「郵便追跡サービス」
なるものを使ってみたら、今日の昼前にちゃんと届いたみたい。

> ◇お届け先にお届け済み
> 1月18日 11:24
> 取扱店:
> 麹町支店 (東京都)
>
> ◇到着
> 1月18日 6:20
> 取扱店:
> 麹町支店 (東京都)
>
> ◇発送
> 1月18日 5:00
> 取扱店:
> 新東京支店 (東京都)
>
> ◇発送
> 1月17日 17:10
> 取扱店:
> 左京支店 (京都府)
>
> ◇引受
> 1月17日 10:16
> 取扱店:
> 京都百万遍郵便局 (京都府)

今回は書留もつけたから、追跡サービス使って、「速達具合」をみられたワケですが。
速達オプションのみだとチェックできんので、今後のためにメモしとこう。
京都発の速達は、フツーにいけば翌昼前に東京に届く
と。
(天変地異とかあったら知らんけど。)

今回は10時に出したけど、もうちょっと遅くても大丈夫なのかな?
ようするに、17時に支店に回収されてれば、夜のうちに関東の最寄支店に届くっぽい?
まあいずれにしても、締め切りの2日前に速達で出せれば、安全ってことだわな。
覚えておこう。


2011.01.17(Mon)

いつ教授から赤の入った修論原稿が返ってくるかと、ヒヤヒヤです。
わたしに休みをください。


2011.01.16(Sun)

やべー、実験ひさびさすぎて、カンが鈍ってるー。
ハイカットってどんぐらいでかけてたっけー?
(;@ω@)


2011.01.15(Sat)

本日は、卒論生のデータをちょっとみたりしつつも、久しぶりの実験。
嗚呼、やはりあたしのいるべき所は、院生室ではなく実験室であることだなぁ…

あ、そういえば今日・明日はセンター試験なのですか?
なんか入り口に看板立ってたけど。
この週末は何やらえらい寒くなるそうで、こんな気候のなか、ご苦労さまです。
構内全域アイスバーンすればよいと思うよ?


2011.01.14(Fri)

結局、徹夜してシマッタ。
研究室に泊まるのは、たぶん卒論提出のとき以来ではなかろうか。



いやー、先日から書いてたように、今回はどうせ差し替え必須なんで。
徹夜して作業するつもりとか、これっぽちもなかったんですがね。

紙に刷りだした原稿を、深夜1時過ぎから最終チェック開始。
ぱぱっと2時間ぐらいで見直して帰るつもりだったのですが。
終わってみたら、11時だった。

途中、多少は休憩とかはさみつつも、おおむねずっとかかりきってたのですが。
まさか10時間もかかろうとは。
だれだ、あんな長いイントロ書いたの。
バカなの?

まあそうはいっても、それからすぐ印刷して、簡易製本して、提出してきたんで。
なんだかんだで、12時前に余裕をもって提出できました。
前日のうちに提出はできませんでしたが、誤差の範囲内です。



で、今日はそのまま、フツーに研究室に居残って仕事してました。
朝方、いったんかなり眠くなった以降は、たいして眠くならんし。
人間って、2日働いてひと晩寝ればOKなんじゃね?

ホントは実験もやろうと思ってたんですが。
このタイミングで、実験装置を共有してる先輩が、装置ぶち壊してくれたんで、中止です。

あんた、この短いあいだで、なんで3回もおなじ装置ぶち壊せるんですか。
十年のスパンで壊れないもののハズなんですけど。
嫌がらせなのか?
ぶち殺すぞ(´・ω・`)


2011.01.13(Thu)

絶望的な21:30


同僚:「さっきから何やってんの?」
あたし:「絶望的な作業(英字ビスケットを用いた視覚探索)」

ということで、結局まだ、提出できませんでしたー。
「どうせ差し替えるんだし、あんまりこだわらずにとっとと出そう」
とは思うものの…
単純な誤字脱字とか、主述のあってない文とか残したままなのは、気持ち悪かったんで。
差し替えに出遅れたら、多少でも目を通されてしまうかもしれんわけだし。
あまりにも変な文章はマズイ。
といいつつ見直ししてたら、事務閉まる時間すぎてましたorz

ちなみに、見直し以外で本日した作業は、
・解析をまわし直して数値を最新のものに更新
・正規性検定・等分散検定とかを含めた、一貫した検定を実装し直し
・抜けてる引用を補充
でした。
わりとキワキワです(笑)

ま、再解析と検定は、目星はついたうえで、プログラム直すのがめんどくてやってなかっただけなんで。
実質、いちばん手こずったのは、引用だったね。
差し替えまでに、もうちょっと調べておいて、足さんといかん。


2011.01.12(Wed)

私達は
血を吐きつつ
くり返し
くり返し
その朝を
こえて
とぶ鳥だ!!

ということで、風の谷の管理人ですよ、こんばんわ。
とくに血を吐くような事態にはなってません。

いや、じつはですね。
1週間前くらいに、教授から
「いまちょーぜつ忙しいから、もう原稿とかもらっても読めないし」
「提出後に読んでコメントするから、差し替えしてくれ」
っていう通告をいただいておりまして。

どんなに完璧な原稿出そうとも、1ヶ所も直しの指示なしでやり過ごすのは不可能なんで。
その時点で、実質差し替え必須。
ということで、ここ最近は
「事務上の期限には、とりあえず体裁を整えて綴じた何らかの実在を出せればいーや」
というヤル気ない態度で、執筆しておりました。
ま、いちおう「ぎりぎりアルファ版」ぐらいのものにはなりつつあるけどさ。

それよりヤバイのは、同僚ですよ。
今日見せてもらったら、考察、数行だった。
それはいくらなんでも。。。

■航空券支払■

さっきローソンで、14万弱の支払いしてきました。
これで、来る3月の京都-フランス間の航空券の購入が完了。
往路は伊丹-成田-パリで、復路はその逆。
チケット上の名前があたしと同姓同名だけど、きっと他人の空同姓同名に違いないな(キリッ

ちなみに、前から書いてたように、この航空券の予約・購入ではひとドタバタあったんだけど。
なんだかんだでバテてるので、それについてはまたそのうちに。
てか、いろんなものの締切、集中しすぎだろう。


2011.01.11(Tue)

着々と停滞中。
考察を書こうとすればするほど、自分の研究の穴ばかりみえてしまうという。
おかげで「改善すべき点」っていう節だけが増加ちうなう。


2011.01.10(Mon)

古い歌にもあるように、
「まーとまらなーいディスカショーン、ぶーちこわしてー♪」
したい。


2011.01.09(Sun)

ビックカメラいってきたよー\(^O^)/

だれだ、ゲーム買うとかいってたの(笑)

いや、ちゃんとゲーム売り場もみたんだけどさ。
本体まだもってないのに、ソフトだけ買うのってどうよ。
そして本体を買うほどの弾はもってなかったんで。

とりあえず『A列車DS』のパケをみながら、よだれだけたらしてきました。
(『どうぶつの森』と『ルーンファクトリー』やりたいっつってた人いませんでしたか?)

ちなみに、ここ最近気になってるSilverStone SG05B-Bもさがしたけど、なかった。
80 Plusの300W SFX電源付きって、かなりおいしいと思うんだけど。
ぜんぜん売ってないのよねー。



いやぁしかし、京都駅に出るのに久々にバス乗ったんだけどさ。
乗って5秒で後悔した。

あたし、この歳になっても乗り物酔いがひどくて。
とくにバス。
なので、いつもは京都駅行くのに地下鉄使うんですが。

今日はちょっと寝過してしまったせいで、時間がなかったのです。
なるべく人の少ない、午前中のうちに買い物済ましてしまいたかったんで。
で、ついつい、徒歩の行程がないバスを選択してしまいましたよ。
そして一瞬で酔った。

なんでみんな、あんな乗り物に平気な顔して乗ってられるんだろうかね。
冷静に考えると、交通機関としてはかなり粗悪な乗り心地だと思うんだけど。
つねに小刻みに振動してるし、加速・減速時にぐらぐらするし。
あと、なんか独特な、変なにおいするよね。
思いだしただけで気持ち悪い。
うぇっぷる。

ということで、帰りはめでたく、地下鉄で帰ってきました。
今後とりあえず数年は、もうバス乗らなくてよいです。



夜になってから、フランス出張の旅券の手続きでドタバタしてしまい、現在瀕死中。
海外出張なんて嫌いだーヾ(TДT)ノ″


2011.01.08(Sat)

ぬむ


寝る前に修論のこととか考え始めると眠れなくなり、生活周期みだれ気味あんど寝不足です。
休みたい。


2011.01.07(Fri)

やべー、提出1週間前です。
いちおう最終形態はあたまのなかではできてるんだけど、執筆が遅いのでまだまだです。
できれば最終締切じゃなくて、1日前ぐらいに提出しちゃいたいんだが。
どうなることやら。

あとどうでもいいけど、あたしのビックカメラのポイントの期限が、11日までなんで。
このタイミングで、駅前まで出向いてなんか買わねばなりません。
どうしろと(涙)

あ、でもそうそう、今日先輩とハナシてて気付いたんですが。
フランスいってるあいだ、フリーの時間にはホテルにこもって、ゲームでもしてればいいよね。
変に意気込んで論文とかもっていっても、荷物増えるうえに、なんだかんだで読まなさそうだし。
やりたいゲームたくさんあるし。
フランスにいく時点で、もはや時間を有意義に使うとかはいっさい諦めて、ダラダラ過ごせばよくねっていう。

つーことで、それ用のゲームでも買ってくるのはどうだろうか。
とりあえずあたしは、どうぶつの森とルーンファクトリーがやりたい。
どっちもほのぼの系日常ゲームですが、なにか。
(#`Д´)ノ心のゆとりが欲しいんだよッ!!!


2011.01.06(Thu)

最後まで笑えない冗談だと信じていた(いたかった)フランス出張ですが。
「3月7日から15日で日程確定したんで、航空券とれやダボが」(意訳)
というメールが届いてしまいましたorzorzorz
よって、夕方以降は、そのへんでドタバタ。

海外旅行経験ないんで、右も左も分からんのですが。
先輩いわく、やはり長期のフライトなら、日本の航空会社のほうが絶対良いということで。
(乗客の扱いとか、乗務員の態度とか。)
「もう全日空でいいや」
という投げやりな姿勢で、ハナから全日空のサイトでのみ検索。
まあでも、税金やら燃料費やらこみで13万ちょいで取れたので、浪費はしてないと思います。

いや、しかしさあ。
海外旅行が趣味とかってひとって、なんでこんなツラい作業を好きこのんでできるのかね。
飛行機のチケット取るだけで、ホントに「息も絶え絶え」なんだけど。
航空会社も決めうちで、日程も決めうちで、格安航空券ならそれほど値段にもこだわらないのに。
これで航空会社やら燃油サーチャージ云々やらにこだわる人は、どれだけ色んな検討必要なのだろう。
信じららん。

まーしかし、これで航空券取っちゃったんで、本当に行かねばならんのですね…
フランスかぁ…
ま だ 死 に た く な い

てか、ホントに行くなら、あたしはとっととパスポート取らねばならんね。
そしてそれ以上に、このクソ忙しい時期にこういう障害ぶつけてくるというのは。
あたし、なんか悪いことしましたかね。


2011.01.05(Wed)

なんかここ最近、すわり仕事ばっかだったんで、体じゅうの関節が固まっちゃって。
今日の日中とか、だいぶキツかったんですが。

帰ってきてから無理やり体操とかしてバキバキ鳴らしまくったら、すごいラクになった。
やっぱある程度、運動は必要ね。
えらいひと曰く、健全な精神は健全な身体に宿るそうだし。
たまにはからだ動かさんといけませんな。



今日、実験2に関して、手持ちの解析結果をみせつつ教授に相談しまして。
# 「提出10日前切ってるのに、いまさら?」っていう質問は不可

修論のストーリー、
「ま、いんじゃね?」(意訳)
というコメントをいただきました。

ということで、出すべきデータは固まったので、あとは書くのみです。
年末に教授からいただいた指摘も反映しつつ、じゃんじゃん執筆していかねば。



と、意気込んでいたのですが…
夕方に教授から、
「予算のカンケーで、フランス滞在期間が2日間増えます」
という不幸のメールが届いたので、鬱です。

あたしとしては、現地滞在が24時間未満になる勢いで、日帰らせていただきたいんですが。
どうやら10日間も、故国から離れなければならないようです。
だれか代わりにいってくれ、マジで…


2011.01.04(Tue)

今日はほとんど修論進みませんでした。
以前いっていた、某他大学のレポート添削バイトを片付けねばならなかったので。

こんな時期に、こんな低賃金でやってられっかー、といいたいところですが。
低賃金はもとより承知で、人助けのために買って出たお仕事ですから。
引き受けた以上、きちんとやることやんなきゃね。

つーことで、今日は学部生という生き物の脳内論理構造の無秩序さに辟易しただけで終了。
なぜあんなひどい文章が書けるのか…
いや、あえていおう、あれは文章ですらないと。
おそらく学部生の皆様は、乱数発生装置でランダムに文節を並べることで、レポートを作成しているのだろうよ。


2011.01.03(Mon)

えー、もう正月さんがにち終了?
みんなもっと休んでていいよー。

学部の方々は何日から授業なのだろうか。
それに合わせて大寒波とかきてほしいんだけど。
冬将軍、ふゆしょーぐん。
ジェネラル・ウィンター


2011.01.02(Sun)

この忙しいタイミングで、サンデル教授にトラップされるというwww

いや、なんかお正月企画なのか、夜10時くらいから延々とやってたので。
延々とみてしまった。

やっぱ話題になるだけあって、ハナシは面白いねー。
分かりやすくするためなのか、ちょっと帰納論が過ぎるとは思うけど。
「そこでこのハナシもってくるのかー」
みたいな楽しさはある。
あとサンデル先生カッコE

で、今日もまたダラダラとみてしまったんだが。
うーん、リバタリアン批判のあたりにくると、ちょっと納得できなくなってくるなー。
あたしは徹底的な能力主義者なので。
再分配とか、泥棒以外のなにものでもないよね、としか思えん。
アルコール漬けのあたまで聞いてるんで、教授の論理展開を完全に追えていないってのもあるでしょうが。

て、あたしはそんなことしてる場合じゃないね。
いやー、分かってはいるんだけど、つい正月気分で現実逃避してしまうのよね。


2011.01.01(Sat)

当研究室における新年の挨拶:
「どうも、昨日ぶりです。そしてあけましておめでとうございます。」



ということで、はいはい、あけおめあけおめ。
今年も世間的時候のあいさつとは一線を隔した世界からお送りしていきます。
管理人です。

でわ、去年に引き続き、素因数分解。
2011年。
えー、3では割れないな…
んー?
うーん。

ご、ごめん、パス(汗)
R召喚ー。

> which((2011 %% (1:2011)) == 0)
[1]    1 2011

ちょwww素数じゃねえかwwwww
ちょっと楽しみにしてたのに、素因数分解。
まさか素数とは。



あ、そうそう。
まったく関係ないですが、京都は昨日から雪です。
昨日、大晦日の朝から降り始めて、帰宅するころにはかなり厚く積もってました。
気温も低いので、いつものようなべちゃ雪ではなく、サクサク。

でも残念ながら、今日の日中は気温が上がったので、昼には道がべちゃべちゃで。
夜までにはあらかた溶けてしまいました。
せっかくなら、冬休みあけても大学にひとが来ないくらい、がっつり寒くなって欲しいんだがね。